忍者ブログ
笑いは剣よりも強し
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぼくはウルテム製のピックフェチなのです。
なんか綺麗じゃないですか?黄色で透明で。落としたときの音もシャランとして綺麗だし。

今日は、JIM DUNLOP ULTEX JAZZⅢ・CLAYTON1.07・FERNANDES P-100UA1.0・JIM DUNLOP ULTEX SHARP1.0、の4枚を用意いたしました。

全部なるべく厚さは統一しようとしましたが、JAZZⅢだけは例外ということで。。。w

D1000320.JPG











ぼくが普段使っているのは、FERNANDESの1.0です。
それ以前はJAZZⅢを使ってました。厚過ぎるので使うのをやめました。
それを踏まえて弾き比べてみました。

「JAZZⅢ」は、今日用意したものの中で一番小さく、一番厚いです。
文字が浮いているので滑りにくいです。
個人的に、小さすぎてカッティングとかが上手くできなくて使うのを止めましたw
それ以外はすごく使いやすいです。

「CLAYTON」はこの中で一番大きいです。
でも作りが雑。っていうのは使ったことがある方ならご存知だと思います。
楽器屋で何枚か取って見てみると、大体反ってます。そしてプリントがずれてます。
あと、そういう作りなのかわかりませんが、淵のバリの処理が雑というかなんというか。
それがザクザクした音の原因?

「FERNANDES P-100UA1.0」現在メインで使っています。
JAZZⅢと一般的なティアドロタイプのピックの中間の大きさです。
ぼくにとって、すごく丁度いい大きさです。最高。
サイズは最高なんですが、汗をかいた手で使うと滑ります。なのでデザインナイフでスジを入れて使ってます。
ロゴのプリントは爪でガリガリやると簡単に剥がれます。

「JIM DUNLOP ULTEX SHARP1.0」用意したピックの中で、唯一今まで使ったことがなかったピックです。
一般的なティアドロタイプですが、CLAYTONよりも少しだけ小さいです。この小ささがミソですね。
触り心地がいいです。淵の処理も綺麗で使いやすいです。
フェルナンデスが製造中止になったらこっちを使うと思いますw

総合的な使いやすさでいうと、やっぱりFERNANDESが一番でした。
ぼくが今メインで使っているせいですがw
その次がJIM DUNLOPのJAZZⅢではない方。
ウルテム製ピックはこの他にも沢山あるので、使って色々比べてみるのも楽しいですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メールはこちらから
k_911☆hotmail.co.jp
☆を@に変えてくださーい
メッセのアドなんでメールじゃなくても適当にメッセージ送ってください
twitter

Copyright © [ K@ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]